Updated: October 22, 2020

明石家さんま

facebookシェアボタン
twitterシェアボタン
lineシェアボタン
明石家さんま(あかしや さんま)は、1955年7月1日生まれの和歌山県出身のお笑いタレント、司会者。吉本興業所属。落語家 2代目笑福亭松之助の新作落語のセンスに惹かれ1974年に松之助に弟子入りし、その2年後に笑福亭さんまとしてテレビデビューを果たす。後に松之助の推薦により落語の笑福亭さんまからタレントの明石家さんまとして転身し、兄弟子の明石家小禄との漫才やイベント司会などで関西を中心に人気となる。その活躍が落語家 6代目 桂三枝の目に止まり、関西の冠番組出演や東京進出を果たして多忙を極めた。1986年にはお笑いタレントのタモリとともにFNS27時間テレビの総合司会を担当。番組内でビートたけしを加えた3名で正月にゴルフ番組をする企画が誕生し、そのタイトルが『BIG3』であったことから、日本の3大お笑いスターとして明石家さんま、タモリ、ビートたけしの3名を指す言葉となった。2000年代には初めて戦争ドラマに主演し、文化庁芸術祭テレビ部門大賞を受賞する。その後もトーク番組等で活躍を続けている。娘はタレント、ファッションモデル、歌手のIMALU。

公式サイト・SNS

- 関連リンク -
  • Wikipediaアイコン
  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • Instagramアイコン
  • Officialアイコン
  • YouTubeアイコン
  • TikTokアイコン
  • Blogアイコン
  • noteアイコン
  • Profileアイコン

最新トピックス

  • 1955年7月1日生まれの和歌山県出身のお笑いタレント、司会者。吉本興業所属。
  • 1970年代から現在まで芸能界の第一線で活躍を続ける国民的お笑いスターの1人であり、ビートたけし・タモリと並ぶ「お笑いBIG3」の1人に称される
  • トーク番組のみならず司会業やドラマでも活躍。数々の賞も受賞している。

RELATED NEWS

- 関連ニュース -
September 17, 2020

明石家さんま、セクハラをコミュニケーションと捉えて…

ニュースサイトしらべぇ
戻る